2018年03月01日

今春のももっち

リンゴの剪定はいったん中断して、桃園にやってまいりました。


桃は寒さにやられやすく(凍害という)、早すぎる剪定は切り口から枯れこみが入りやすいそうで

(真偽不明)

後回しにしていますが、2月も下旬になり、それほど厳しい冷え込みもなくなってきたので、ぼちぼち始めようかと思います。


剪定があまり遅いと今度は樹勢が弱くなるという話もあり

(真偽不明2)


このあたりの桃栽培は樹勢の維持がとても重要なので、リンゴはとりあえずおいておいて、こちらに来たわけです。


blog180228-1.jpg

blog180828-2.jpg

リンゴ園に比べて雪がだいぶ減っています。

こりは作業がしやすいぞ。
posted by 栽培人 at 07:43| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: